先週のMOVIDA SCHOOLはサンブリッジの平石さんでした。
平石さんは創業に参画した企業のうちウェブクルーがIPO、インタースコープがM&AによるExitとなり、現在はサンブリッジグローバルベンチャーズにてスタートアップ企業への投資並びに育成に注力しています。
平石さんには「成功と失敗、そしてチャレンジ」というテーマでお話いただきました。

捨てる勇気

若い人に相談されたときに言ってること。
「まず持ってる大事なモノを捨てろ。そうでないと新しく良いものは入ってこない。」
新しく何かを得ようとするならば、躊躇なく今持っているものを潔く捨てることによってしか、得られないと考えたほうがいい。
自分の過去の経験に於いても創業後に手がけていたDTP関連の仕事に見切りをつけたことによって、盛り上がりを見せつつあったインターネット関連の事業に飛び込み波に乗れたということがあった。

やらないことを決める

起業家は色々やりたくなる性分なのでやらないことを決めるのが大事。
事業の定義をこうだと決めていないと集中できない。
優先順位は誰でも決められるが、やらないことを決めないと何でもやってしまうので劣後順位をきめる。
組織の現場では様々な意思決定がされるので、向かう方向を決めるためにもこれが必要。

組織の使命を考える

ドラッカーは組織の使命(目的)は必ずしも野心的なものである必要はないということを言っている。
組織とは使命に共感した人が集まる場でもあるので、単純明快に組織の行動が同じ方向に向かうためのものが必要だ。

一方で、事業が定義されていることも必要であり、具体的に実現することを定めて組織は動き出す。
目標は達成したときに陳腐化してしまうので、その時はお祝いをするのではなく、組織として再定義すべきタイミングと心得たほうがいい。

チームの必要性

Exitに成功した2社と、結果的に上手く行かなかった最後の1社の違いはチームを作ったかどうか。
最初の2社は濃い創業メンバーと一緒に起ち上げたのが結果的には良かったが、個性も強いメンバーだったのですり合わせにパワーを使っていた。
その経験から自分自身だけの意思決定で進めたいと考えて、一人で3社目はやったが上手く行かなかった。
例えば資金調達をするとなると、やはりCEOに集中してしまって事業が止まることになるが、例えば他のメンバーが入れば事業運営については任せることが出来たりする。

Given Means & Given Gals

成功した起業家も創業当初と成功した事業はやっていることが違ってる。
一般的に言うとMBAの人はGiven Goalを達成するのに長けているが、起業家に必要なことは与えられた目標を達成することではなく与えられたモノ全てから新しい価値を創り出すことである。
自分の過去に意味を見出せるか?が起業家には求められている。


平石さんの世の中一般からすると成功したという状況になっても、そこから先に何を為すべきかに悩んだという話は心を打つお話でした。
本来やりたいと思って始めたことすら、出来ることでやるという妥協に陥ってしまい、最終的には事業を撤退するに到った話などは起業が手段ではなく目的になってはいけないという大事なことを改めて思いました。


MOVIDA JAPAN株式会社では、世の中を変えるようなサービスを作るスタートアップを支援しています。
現在第5期のプログラム公募を絶賛受付中です!!
↓↓詳しくはこちら↓↓
http://www.movidainc.com/programs/5th/