Seed Acceleration Programを発表したのが2011年8月で、その後、面接・選抜を経てプログラムが実質スタートしたのが2011年12月でした。
当初はSCHOOLという名称ではなく、採択したメンバーが集うために先輩起業家の方を呼んでお話して頂き、その後交流のためのディナーを用意するという今と同じスタイルのものをプログラムのコンテンツとして開始したのがきっかけです。

NOMADでやっていた頃の様子

NOMADでやっていた頃の様子

元々、過去のエントリーでも豊かなエコシステムを創るためには成功の件数を増やすことが大事であり、そのためにはそもそものチャレンジの件数、企業の件数を増やすことが必要ということでプログラムを開始しています。
とはいえ、数だけ増やしても粗製濫造になっては意味がなく、数から質を作り出すために創業ステージの起業家がお互い切磋琢磨しあうような場作りをしていこう、というのが背景にあります。

ディナーでピッチするとフィードバックがもらえます

ディナーでピッチするとフィードバックがもらえる

当初は毎週定期的ではなかったのですが、ちょうど2年前の4月から休日や年末を除いて毎週やるようになっていますので、お話いただいた方は既に100人を超えていますし、スタートアップも100社超、200人以上が参加するものになりました。
その中には次のステップとなる資金調達も経て、少し先を走る先輩起業家としてスピーカーで戻ってきてくださった方もいます(trippieceの石田さん、ココナラの南さん、Rettyの武田さんなど)。
2012年8月からはtheBridgeで記事にまとめて頂くようになっていて(ここから一覧で見れます)、スタートアップにとって必要なノウハウや知識・経験を共有して蓄積していくことにもなっています(もちろん現場でないと聞けないオフレコの話もありますw)

シェアオフィスでのSCHOOL1回目

シェアオフィスでのSCHOOL1回目

開始当初から僕らが出資という形で直接的に支援させて頂いてるスタートアップにこだわらず、他のSeed Fundから出資を受けている人たちにも参加して頂いています。
渋谷のシェアオフィス内で開催していたのですが、増床して専用のスペースを設けたので今までよりももう少し参加人数を増やせるようにもなったので、より多くの創業ステージの起業家に参加頂けるオープンなプラットフォームにしていきます。

SCHOOL用に増床した9Fでの1回目

SCHOOL用に増床した9Fでの1回目

今まではMOVIDA SCHOOLという名称にしていたのですが、これだとMOVIDA色が強いなと思うので名称もs.schoolという形に改めることにしました。
Seed系のFundあるいはSeed Acceleratorに支援されている方は参加可能ですので、こちらのお問い合わせからご連絡ください。
また、MOVIDAの持ち出しで運営していたのですが、運営に関わる費用部分についてスポンサーも募集しておりますのでこちらもご連絡ください!


MOVIDA JAPAN株式会社では、世の中を変えるようなサービスを作るスタートアップを支援しています。
↓↓詳しくはこちら↓↓
http://www.movidainc.com/programs/contact.php